美術

| 美術, その他 |

障害者芸術の情報発信拠点として「かがやきアートギャラリー」を市役所1階にオープン

2017.7月号

CulCulニュース

 2017年5月10日、北九州市役所本庁舎1階に、市内の障害のある方のアート作品を鑑賞できる常設の展示スペース「かがやきアートギャラリー」がオープンしました。

 本ギャラリーでは、月ごとにテーマを決め、絵画・書道・写真などの作品を10点程度展示することにしており、ピックアップしたアーティストの個展なども予定しています。
 障害のある方のアート作品は、斬新な色使いなど独創的、個性的なものも多く、近年、注目を集めています。
 本市ではこれまで、社会参加促進の一環として、障害者芸術を振興してきており、毎年11~12月にかけて障害者芸術祭や作品展を開催しています。
 また、北九州市身体障害者福祉協会アートセンターが「かがやきアート in MOJI」を開催するなど、行政と障害者団体が協力し、障害者芸術支援としてさまざまな取り組みを進めています。
 これを機に、さらに多くの方に障害者アーティストの活動や創造性豊かな作品を知っていただき、より一層、障害者芸術を含めた障害者への理解が進むことが期待されています。
 ぜひ一度、気軽に市役所1階へ足をお運びください。

第9回北九州市障害者芸術祭作品展市長賞作品「ティガレックス改(かい)」




障害者アート常設作品展示スペース
「かがやきアートギャラリー」
  (「ぬくもりルーム」内)
小倉北区城内1の1 市役所本庁舎1F

開館時間 
午前9時30分〜午後5時
入場無料 ※土日祝は休み

お問合せ 
北九州市障害者支援課 
093(582)2424