8月25日のワークショップの様子

8月25日のワークショップの様子

美術

| 美術, 北九州市立美術館 分館, 北九州市立美術館 本館 |

※終了しました【北九州市立美術館】8/27(日)まで開催《ぬいかけの植物園計画室》

2017.8.25~27

北九州市立美術館のアウトリーチ事業《ぬいかけの植物園計画室》が8月25(金)~27日(日)に開催! 

現代アーティスト:中島佑太
現代アーティスト:中島佑太

数年をかけて参加者とともに架空の植物園をつくるワークショップ。3月に引き続き植物園づくりに取り組みます。申し込み不要でどなたでもご参加いただけます。夏休み最後の思い出にぜひ会場にお越しください。
現代アーティスト:中島佑太
持ち物:水筒、動きやすい服装、おやつ(任意)、裁縫道具(あれば)

8月25日に行われたワークショップの様子をご紹介します。

8月25日のワークショップの様子
8月25日のワークショップの様子

これから『計画』していく、ぬいかけの植物園を「案内人」が案内してくれました。「案内人」は緑の旗が目印です。そのあと現代アーティスト「なかじ」(中島佑太)とみんなで「不老不死の木」はどんな木なのか考えてみました。

8月25日のワークショップの様子
8月25日のワークショップの様子
8月25日のワークショップの様子
8月25日のワークショップの様子

いろいろなアイディアが出たようです。

8月25日のワークショップの様子
8月25日のワークショップの様子
8月25日のワークショップの様子
8月25日のワークショップの様子

植物園に必要な物がどんどん出来上がっていきます。

8月25日のワークショップの様子
8月25日のワークショップの様子

まだまだ『計画』は途中ですが、みんなで植物園の中へ入ります。

8月25日のワークショップの様子
8月25日のワークショップの様子

さて、いったいどんな植物園になったのでしょうか!? まだまだ発展し続ける植物園づくり。あなたも体験してみませんか。

 

《ぬいかけの植物園計画室》
【会場】
 リバーウォーク北九州 1Fエナジーコート

【日時】
 8月25日(金)~同27日 
 各日午後1時~同5時
 参加無料
 ※申込不要、飛び入り参加可 

【お問合せ】
 093(562)3215

 

中島佑太プロフィール
1985年群馬県前橋市生まれ、2008年東京芸術大学美術学部先端芸術表現科卒業。
社会で起こったさまざまな問題を、遊びに置き換えて考えるワークショップを手法に活動。
代表的なワークショップに、身近なテーマでグループを二つに分け、間にバリケードをつくるワークショップ《あっちがわとこっちがわをつくる》など多数。現在は群馬県前橋市の私立幼稚園を主な活動拠点に、各地でアートプロジェクトやワークショップを展開中。

北九州市立美術館アウトリーチ事業
北九州市立美術館は年間を通じて、さまざまなワークショップを行っています。普段はあまりアートに接することのない方も、参加することできっと何かを感じていただけると思います。