《ストーンヘンジ、ウィルトシャー》 1827~28年 水彩・紙  ソールズベリー博物館 On loan from The Salisbury Museum, England

美術

| 美術, 催事, 北九州市立美術館 本館, 学芸員, 美術・展示 |

リニューアル・オープン記念 英国最大の巨匠 ターナー 風景の詩

2017.11月号

美術hiroba
美術館へ行こう! 
北九州市立美術館 
学芸員 河村朱音

 北九州市立美術館本館は、1974(昭和49)年の開館から40年を迎え、建物の老朽化にともなう大規模改修工事のため休館していました。そして2017年、開館日と同日の11月3日にいよいよリニューアル・オープンします。記念すべき最初の企画展では、イギリスを代表する風景画家ターナーをご紹介します。
 ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー(1775~1851年)は、ロンドンの中心部に生まれ、若いころから素描の才能に秀で、弱冠27歳でイギリス美術の最高権威ロイヤル・アカデミーの正会員になりました。旅好きであり、イギリス国内はもとより、フランス、スイス、イタリア、ドイツなど、生涯にわたってヨーロッパ各地に赴き、たくさんのスケッチを描きました。

《ストーンヘンジ、ウィルトシャー》 1827~28年 水彩・紙 ソールズベリー博物館 On loan from The Salisbury Museum, England

 

 イギリス風景画の黄金時代の土台を築くことになったターナーの画家としての経歴は、素描家、水彩画家としてはじまります。グランド・ツアーの流行とともに当時イギリスで発展していた、水彩絵具を用いて個々の土地や地形を正確に再現、記録することを目的とした地誌的風景画に取り組みながら、水彩素描の技巧を学びました。また、多くのスケッチが版画にされる際、ターナーは自分の芸術的意図が職人の手によって忠実に再現されるよう、特にこだわりを持っていました。こうして出来上がった版画は、広範囲にターナーの名前を広める機会にもなっていました。
 嵐の海景、古代の歴史的風景、崇高な山岳風景など自然の多様な表情がドラマティックに描かれたターナーの作品は、晩年に至るにつれ、光や大気の効果を追求した輝かしい画面に移行していきます。写実的な要素は薄れ、色彩のみによって表現された風景はよりいっそう詩的になっていきました。19世紀を代表する美術評論家ジョン・ラスキンは、「風景のすみずみまで知り抜いた、詩人でもある最も偉大な画家」と賛辞を贈っています。

《スノードン山、残照》 1798~99年 水彩、スクレイピングアウト・紙 エディンバラ、スコットランド国立美術館群 ⒸTrustees of the National Galleries of Scotland

 

 ターナーの影響は没後も国内だけでなく国外にまで広がりました。日本では明治に、美術雑誌の『みづゑ』でイギリスの水彩画としてターナーの作品が紹介されたころ、夏目漱石は『坊っちゃん』や『草枕』でターナーの名前や作風について触れ、宮沢賢治も『春と修羅』に名前を登場させています。このころからすでにターナーは日本で名の知られた存在であったことがうかがえます。
 本展は、イギリス各地と日本国内の美術館から選りすぐった、すべてがターナーの作品で構成されます。ほとんどが日本初出品となり、日本では一堂に展観する機会の少ないターナーの画業と芸術の全貌を存分に堪能できる極めて贅沢(ぜいたく)な展覧会です。最新の知見をもとに、ターナー芸術を再考し、その核心と魅力に迫る本展に、どうぞご期待ください。

《モンテ・マリオから見たローマ》 1820年 水彩、スクレイピングアウト・紙 エディンバラ、スコットランド国立美術館群 ⒸTrustees of the National Galleries of Scotland

 

Information
英国最大の巨匠 ターナー 風景の詩

【会場】
 北九州市立美術館本館
 戸畑区西鞘ヶ谷町21の1

【会期】
 11月3日(金・祝)~2018年2月4日(日)
 休館日/月曜日(ただし月曜日が祝日・振替休日の場合は開館し、翌火曜日が休館)
 年末年始(12月29日~1月3日)

【開館時間】
 午前9時30分~午後5時30分
 (入館は午後5時まで)

【観覧料】
 一般1400(1200)円
 高大生800(600)円
 小中生600(400)円
 ※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金
 障害者手帳提示の方は無料
 年長者施設利用証提示の方は2割減免

【お問合せ】
 093(882)7777

○本館で同時開催
※ターナー展のチケットでご覧いただけます
ザ・ベスト・コレクション―丘の上の双眼鏡

【会期】
 前期:11月3日(金・祝)~12月28日(木)
 後期:2018年1月4日(木)~3月18日(日)