北九州市の文化芸術メディアサイト Culture & Cultivate CulCulかるかる

北九州市の文化芸術情報 CulCul

お問合わせはこちら▶

CulCul -かるかる-最新記事

「再現家屋のイラスト・ルポ」

2018年10月号

文学

2018年9月28日

文芸hiroba
清張アラカルト
北九州市立松本清張記念館
事務局 企画係主任 下澤聡

 
 当館にて開催中の企画展「清張オマージュ展」はすでにご覧いただけただろうか? 清張を敬愛し創作の情熱を得たアーティストたちによる、清張へのオマージュ作品を集めた展示である。その分野は文学や芸術はもちろんのこと漫画や映画にまで及んでおり、皆さんにとって馴染(なじ)みの深い作品を通して、清張が後世に与えたインスピレーションを感じていただけると思う。

 今回はこの企画展会場の入り口をくぐってすぐのところに展示している、あるイラストをご紹介したい。それはイラストレーター・絵本作家であるモリナガ・ヨウによって、当館の再現家屋の内部が描かれたルポルタージュ作品である。清張の書斎や応接室を斜め上から見下ろす構図で、すべて手描きの線と鮮やかな絵の具の色彩で表現されており、眺めているだけでも楽しさや温かみが伝わってくる。そして余白には矢印や吹き出しで手書き文字のコメントが添えられ、細部のディテールや家具調度品に関する解説がなされている。つまりこの作品は、まるで家の中まで“探訪”するような感覚を、見る者に与えるような仕上がりとなっている。

 そういえば、筆者は以前にも本誌上で同じような内容の文章を書いたことがある。業務で再現家屋に立ち入った際に気付いた点(応接室のつくりや書斎の冷暖房設備など)について、筆者なりの視点で観察・紹介した記事であり、今回のイラスト・ルポと同じく、読者に再現家屋内部を疑似探訪していただければとの思いから記したものであった。詳細が気になる方は本誌バックナンバーにてご確認いただきたいのだが、筆者の拙い文章力ではなかなか伝えきれなかった感がある。しかし、今年度から当館常設展示のタブレット端末にて書斎・応接室の内部パノラマ画像を公開しており、さらに今回のモリナガ・ヨウによる視覚に訴えかけてくるイラストなども併せ、再現家屋内部をより直感的・空間的に捉えられるような仕組みが充実してきたのではないだろうか。

 話題が脇道にそれるようだが、モリナガ・ヨウにまつわる筆者の個人的なエピソードについても少しお話ししておきたい。かつて模型少年であった筆者は中学生の頃、戦車模型専門の雑誌に掲載されたモリナガ・ヨウによるイラストエッセイの熱心な読者であった。やがて筆者の模型熱も冷め、時折書店で立ち読みする程度の期間が長く続いたが、氏の“目のつけどころ”や独特な“世界”に魅了され続けてきた。近年は氏の手掛けるジャンルがミリタリー以外の分野にまで広がり、一般の読者層向けの作品も多くなったと感じていたところであった。そして昨秋、当館の「松本清張研究奨励事業」の成果を元に1冊の本(『清張鉄道1万3500キロ』赤塚隆二著、文藝春秋)が刊行された際、表紙カバー絵案が出版社から送られてきたのだが、それを一瞥(いちべつ)しただけで「モリナガ・ヨウの作品だ」と筆者は察した。まったくの偶然であるが、出版社の担当編集者の方も以前から氏のファンであり、その画風や観察眼を見込んで表紙絵を依頼したとのことであった。

 そのときの伝手(つて)を頼りとして、今回の氏による再現家屋イラスト・ルポが叶(かな)ったわけだが、氏が来館の折、光栄にも筆者は再現家屋内“臨時案内役”として取材作業に同席することができた。大変おこがましいようだが、実際にお会いしていろいろとお話を伺いながら、モノを通して過去の人物やその暮らしを感じとるという点において、やはり氏と筆者は“同じ世界の人”であるとの思いが募るばかりであった。

 この再現家屋イラスト・ルポはチラシや企画展図録などの印刷物にも掲載されているが、原画を直接ご覧いただけるのは「清張オマージュ展」開催期間中だけである。ぜひ足をお運びいただきたい。

 

Information
開館20周年記念 特別企画展 清張オマージュ展

【開催期間】
 7月21日(土)~10月31日(水)

【開館時間】
 午前9時30分~午後6時
 (入館は午後5時30分まで)

【会場】
 松本清張記念館企画展示室

【入場料】
 常設展示観覧料
 一般500円(400円)
 中高生300円(240円)
 小学生200円(160円)
 ( )内は30名以上の団体料金

【お問合せ】
 北九州市立松本清張記念館
 北九州市小倉北区城内2の3
 093(582)2761
 ホームページアドレス
 http://www.kid.ne.jp/seicho

 


◀ CulCul -かるかる-最新記事一覧に戻る
北九州市の芸術文化情報マガジン「CulCul・かるかる」最新号の記事はこちらから

ジャンル別施設情報

全施設一覧のPDFはこちら ▶

美術・ギャラリー

劇場・音楽ホール・市民会館

文学

漫画・映画

自然史・歴史・文化財等

その他 市内の施設

イベントカレンダー

2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

イベント検索

キーワード検索

ジャンル検索

エリア検索

施設名検索


ページのトップへ戻る