北九州市の文化芸術メディアサイト Culture & Cultivate CulCulかるかる

北九州市の文化芸術情報 CulCul

お問合わせはこちら▶

CulCul -かるかる-最新記事

北九州市立文学館第26回特別企画展「まど・みちおのうちゅう」

2018年7月号

文学

2018年6月29日

文芸hiroba
ようこそ文学館へ
北九州市立文学館
学芸員 小野恵

 

ぞう(さん)  1977年7月(周南市美術博物館蔵)

ぞう(さん)  1977年7月(周南市美術博物館蔵)

 

 文学館はこの夏、詩人のまど・みちおを紹介する特別企画展を開催します。今も子どもたちに口ずさまれる「ぞうさん」、「やぎさん ゆうびん」、「ふしぎな ポケット」など童謡詩の作者として知られるまどは、童謡詩以外にも、多くの詩や絵画を残しました。本稿では、まどの詩人としての足跡を紹介します。
 まど・みちお(本名・石田道雄)は、1909(明治42)年、山口県の徳山町(現・周南市)に生まれました。10歳から家族と共に台湾に住み、台北州立台北工業学校に入学。この頃からすでに仲間と同人誌を発行し詩の創作を行っていました。卒業後、台湾総督府に就職したまどは、34(昭和9)年、北原白秋の講演を聞いたことをきっかけに童謡を試作し、絵本雑誌「コドモノクニ」に投稿。「ランタナの籬(かき)」、「雨ふれば」の2編が白秋により特選に選ばれます。まどの才能を惜しんだ与田凖一(詩人、児童文学者)から上京の勧めを受けるも、まどは台湾に残り、働きながら同人誌「昆虫列車」や雑誌「子供の文庫」を発行するなど詩や童謡の創作を続けました。戦争を経て、日本に戻ったのは終戦の翌年でした。まどのことを変わらず気にかけていた与田の誘いで、48(昭和23)年、婦人画報社に入社、翌年、子会社のチャイルドブック社から刊行が始まった「チャイルドブック」(「コドモノクニ」を誌名変更して復刊)の編集長に抜擢(ばってき)されます。すぐに同誌の発行が国民図書刊行会(現・チャイルド本社)に変わったことに伴い、まども同社社員として10年間編集に携わり、雑誌「新児童文化」のカットなども手掛けました。その間も童謡を中心に創作を続け、52(昭和27)年には、依頼を受けて書いた「ぞうさん」(團伊玖磨/だんいくま/作曲)がNHKラジオ「うたのおばさん」で初放送されました。

 

まど・みちお

まど・みちお
1909 ~ 2014年(1992年撮影)

 

 まどは50歳で会社を退社し、創作活動に専念します。特に52歳ごろから3年間は集中して絵画制作に取り組み、100点余りを描きました。
 68(昭和43)年、第1詩集『てんぷらぴりぴり』を出版、同年第6回野間児童文芸賞を受賞します。また、94(平成6)年、日本人で初めて国際アンデルセン賞作家賞(※)を受賞、作品は世界で高く評価されました。
 まどは、随筆で自身の詩を「不思議がりを集めたようなもの」と表現しています。人、動植物から石ころ、空気にいたるまで、存在するあらゆるものは、他の何ものにも代わることができない点で同じ価値があると捉え、「全体がこんなに美しいバランスをもった宇宙」の不可思議さを詩で表現しました。その一つをご紹介します。

 

 リンゴを ひとつ
 ここに おくと

 リンゴの
 この 大きさは
 この リンゴだけで
 いっぱいだ

 リンゴが ひとつ
 ここに ある
 ほかには
 なんにも ない

 ああ ここで
 あることと
 ないことが
 まぶしいように
 ぴったりだ

 「リンゴ」

 

 企画展では、まどの生涯を自筆の日記、創作ノート、詩が掲載された児童雑誌などの資料や写真、絵画でたどります。言葉(詩)と絵をあわせてご覧いただくことで、まどが見ていた「うちゅう」をより深く知っていただける企画展となっています。ぜひ足をお運びください。

 

※児童文学のノーベル賞ともいわれ、「作家賞」「画家賞」の2部門がある。作家賞受賞者にはムーミンシリーズで知られるトーベ・ヤンソンなどがいる。まどに続く作家賞の日本人受賞者は、上橋菜穂子(2014年)、角野栄子(2018年)

 

Information
市制55周年記念
北九州市立文学館第26回特別企画展
「まど・みちおのうちゅう」

【開催期間】
 7月21日(土)~9月17日(月・祝)

【開館時間】
 午前9時30分~午後6時
 (入館は午後5時30分まで)
 ※7月21日(土)は午前10時30分から

【休館日】
 月曜日(最終日9月17日は開館)

【観覧料】
 大人500円
 中高生200円
 小学生100円
 ※こども文化パスポートの適用あり

【お問合せ】
 北九州市立文学館
 北九州市小倉北区城内4の1
 093(571)1505

 


◀ CulCul -かるかる-最新記事一覧に戻る
北九州市の芸術文化情報マガジン「CulCul・かるかる」最新号の記事はこちらから

ジャンル別施設情報

全施設一覧のPDFはこちら ▶

美術・ギャラリー

劇場・音楽ホール・市民会館

文学

漫画・映画

自然史・歴史・文化財等

その他 市内の施設

イベントカレンダー

2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

イベント検索

キーワード検索

ジャンル検索

エリア検索

施設名検索


ページのトップへ戻る