北九州市の文化芸術メディアサイト Culture & Cultivate CulCulかるかる

北九州市の文化芸術情報 CulCul

お問合わせはこちら▶

CulCul -かるかる-最新記事

“官営八幡製鐵所旧本事務所内を見学”~世界遺産をVRで体験~

2018年8月号

自然史・歴史・文化財等

2018年7月31日

CulCul かるかるニュース
 
 2015年7月、幕末から明治時代にかけて日本の近代化に貢献した産業遺産群「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」が世界遺産に登録されました。北九州市からは、1901(明治34)年に操業した「官営八幡製鐵所」の関連資産3施設(旧本事務所・修繕工場・旧鍛冶工場)がその構成資産となっています。同資産は現在も稼働している工場構内に立地していることから、一般の立ち入りが制限されています。今回の登録を機に、構成資産の一つである旧本事務所の外観を眺望できるスペースを整備しています。さらに同施設では「もっと近くで見たい」「世界遺産の中に入りたい」という来場者の声に応えるため、新たに、VR(仮想現実)体験サービスを開始しました。VRで視聴できるのは、5種類の映像。世界遺産の価値を伝える「プロローグ」をはじめ、旧本事務所の中を実際に歩いている感覚で見学したり、明治時代の修繕工場の雰囲気を疑似体験できたりなど、内容は盛りだくさんです(13歳未満の体験は、保護者の同意が必要)。

 

VRでは、普段は入れない旧本事務所内部の、見学(疑似体験)もできる

VRでは、普段は入れない旧本事務所内部の、見学(疑似体験)もできる

 

 また、眺望スペースの周辺には関連施設である「東田第一高炉跡」や「北九州イノベーションギャラリー」もあり、併せて見学すると、日本の産業近代化の息吹を楽しめます(詳細はホームページをご覧ください)。
 ぜひ眺望スペースで、世紀を超えたVR体験を。

 

官営八幡製鐵所旧本事務所眺望スペース(八幡東区枝光)

官営八幡製鐵所旧本事務所眺望スペース(八幡東区枝光)

 

開場時間
 午前9時30分~午後5時(最終入場は同4時30分まで)

定休日
 毎週月曜日(祝日・休日の場合はその翌日)
 年末年始(12月29日~ 1月3日)

駐車場有り

お問合せ
 北九州市世界遺産課
 093(582)2922
 http://www.city.kitakyushu.lg.jp/soumu/01901014.html

 


◀ CulCul -かるかる-最新記事一覧に戻る
北九州市の芸術文化情報マガジン「CulCul・かるかる」最新号の記事はこちらから

ジャンル別施設情報

全施設一覧のPDFはこちら ▶

美術・ギャラリー

劇場・音楽ホール・市民会館

文学

漫画・映画

自然史・歴史・文化財等

その他 市内の施設

イベントカレンダー

2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

イベント検索

キーワード検索

ジャンル検索

エリア検索

施設名検索


ページのトップへ戻る