北九州市の文化芸術メディアサイト Culture & Cultivate CulCulかるかる

北九州市の文化芸術情報 CulCul

お問合わせはこちら▶

CulCul -かるかる-最新記事

星野道夫 写真展―悠久(ゆうきゅう)の時を旅する―

2021年7・8月号

文学

2021年6月30日

文芸hiroba
ようこそ文学館へ
北九州市立文学館
学芸員 小野恵

 文学館ではこの夏、星野道夫の写真展を開催します※。星野は、極北の大地に魅せられ、アラスカに生きる人々や野生動物、自然を、写真と言葉で記録し続けました。その作品は、急逝し25年を経た今もなお、私たちの心に強く訴えかけます。写真家・星野道夫の軌跡を、さまざまな「出会い」から始まる「旅」をキーワードにたどる展覧会です。

「アラスカ」との出会い

 きっと、私たちには、多くの選択などないのかもしれない。それぞれの人間が、行き着くべきところに、ただ行き着くだけである。

 少年時代から北の自然に憧れていた星野道夫(1952~96年、千葉県市川市生まれ)は、慶應義塾大学1年時、写真集『アラスカ』に出会います。酷寒の「地の果て」で暮らす人々の生活を知りたいとシシュマレフ村の村長に手紙を書きました。半年後、訪問歓迎の手紙が届き、初めてのアラスカへ。約3カ月間、狩猟生活を営む大家族と生活を共にしました。

極北の動物、人々、自然との出会い

 人間の為でも、誰の為でもなく、それ自身の存在のために自然が息づいている。そのあたりまえのことを知ることが、いつも驚きだった。

 大学卒業が近づくころ、星野は、写真を通してアラスカを表現できないかと考えます。卒業後2年間、写真家の助手を務め、78年、アラスカ大学野生動物管理学部に入学。1年の大半を旅に過ごす自然写真家としての道を歩み始めました。カリブー、ヘラジカ、ホッキョクグマ(ナヌーク)、グリズリー、アザラシなどの動物から、四季の風景まで北極圏のあらゆる生命の輝きをカメラに収めました。また、アラスカの自然を愛する人々や極北の狩猟民に出会い、人とのつながりの輪が広がりました。
 90年、『Alaska 風のような物語』で第15回木村伊兵衛写真賞を受賞。同年、フェアバンクスの郊外に家を建て、「旅行者」としてではなく、「住民」としてアラスカに関わっていくことを決意しました。

春のアラスカ北極圏、群れにはぐれてさまようカリブー 撮影:星野道夫

春のアラスカ北極圏、群れにはぐれてさまようカリブー 撮影:星野道夫

神話との出会い、新しい旅

 ――もうだれもいない浜辺で、人々が神話の時代に生きていたころの朽ち果てたトーテムポールに出会ったのだ。この世に光をもたらし、あらゆるものを創造したとされるワタリガラスが、かすかな姿を残しながら、苔(こけ)むしたポールに刻まれていた。

 93年、直子夫人と訪れたカナダのハイダ・グワイ(クイーンシャーロット島)の森で、朽ちたトーテムポールに出会い、「霊的な力」を感じ取ります。それは近代社会のなかで私たちが失った「神話の力」でした。神話の語り部の古老を訪ねたり、アラスカの狩猟民のルーツを求めシベリアに赴いたりと新たな旅が始まった矢先、取材中にヒグマに襲われ急逝しました。

春は生命の誕生の季節。タテゴトアザラシの親子 (カナダ、セントローレンス湾)撮影:星野道夫

春は生命の誕生の季節。タテゴトアザラシの親子 (カナダ、セントローレンス湾)撮影:星野道夫

 展覧会では、初めて訪れたアラスカの村の記録から、亡くなる直前まで撮影していたカムチャツカ半島での写真までを、星野の文章とあわせ紹介します。また、シシュマレフ村の村長に宛てた手紙、エッセーの原稿など貴重な自筆資料も公開します。

 窮屈な日常を過ごさざるを得ないコロナ禍のなか、あらためて「生きる」ことの根源的な意味が問い直されているのではないでしょうか。「自然と人との関わり」を追い続けた星野の展覧会は、まさに今、皆さんの心に響くものと信じています。

引用:全て『長い旅の途上』(文藝春秋)
参考書籍:『悠久の時を旅する』(Crevis)
※告知していた「いわむらかずおの世界」展は中止となりました

Information
【開催期間】
 7月17日(土)~9月20日(月・祝)
【開館時間】
 午前9時30分~午後6時
 (入館は午後5時30分まで)
【休館日】
 月曜日(祝日の場合、翌日休館)
【観覧料】
 常設展観覧料と共通
 一般500円
 中高生200円
 小学生100円
【お問合せ】
 北九州市立文学館
 093(571)1505

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、施設の臨時休館、催しの中止・延期となる場合がございます。最新の情報は各施設のホームページをご確認ください


◀ CulCul -かるかる-最新記事一覧に戻る
北九州市の芸術文化情報マガジン「CulCul・かるかる」最新号の記事はこちらから

ジャンル別施設情報

全施設一覧のPDFはこちら ▶

美術・ギャラリー

劇場・音楽ホール・市民会館

文学

漫画・映画

自然史・歴史・文化財等

その他 市内の施設

イベントカレンダー

2021年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2021年11月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

イベント検索

キーワード検索

ジャンル検索

エリア検索

施設名検索


ページのトップへ戻る