北九州市の文化芸術メディアサイト Culture & Cultivate CulCulかるかる

北九州市の文化芸術情報 CulCul

お問合わせはこちら▶

CulCul -かるかる-最新記事

漫画の街・北九州を巡るオリジナル豆本マップ

2018年12月号

漫画・映画

2018年11月30日

漫画hiroba
漫画と北九州
北九州市漫画ミュージアム
図書担当 原田佳織

 

 「豆本」とは、手のひらに収まる小さな本の総称です。最古の豆本は古代メソポタミアの粘土板といわれています。西洋では16世紀頃から流行し、また日本でも江戸時代からその存在が知られています。日本における豆本は、子どもの読み捨ての本として作られていたようですが、西洋では、祈祷書(きとうしょ)や聖書をコンパクトなサイズにして持ち歩くことがその始まりだったといわれています。今では収集家のコレクションとして愛されていますが、初期の豆本は実用性から生まれたものと考えられます。
 この「豆本」ですが、北九州市漫画ミュージアムでは、過去に2冊のオリジナル豆本キットを作成しています。
 1冊目は2015年のミュージアムウィークに合わせて作成した「ミュージアムを巡ろう!豆本クイズラリー」です。北九州市内の文化施設9館(文学館、美術館、博物館など)を巡り、各施設から出題されたクイズに答えていくクイズラリー用の豆本として作成しました。問題に合わせ各施設の特徴を表したイラストが描かれており、クイズを楽しみながら、新たな発見や施設の面白さが伝わる豆本です。非売品のため現在では入手不可能となっています。

先パイと私

 2冊目は、少女漫画の描き方のコツをつかむことができる「先パイと私」です。この豆本は少女漫画ならではのキラキラした「目」や「表情」、「全身」の描き方やプチラブストーリーのペン入れまで体験でき、漫画家気分を味わえる1冊となっています。作成当時は豆本ワークショップも同時開催し、豆本の組み立てだけではなく、漫画家による指導の下、漫画体験を行いました。

北九州マンガ散歩~小倉編~

 そして今年、新たなオリジナル豆本マップ「北九州マンガ散歩~小倉編~」を作成しました。この豆本では、北九州市小倉を中心とした漫画家ゆかりの土地を紹介しています。北九州にゆかりのある漫画家はおよそ100人におよび、また北九州が漫画の中に描かれることも多くあります。そのような漫画家にゆかりのある土地や漫画で紹介されたスポットなどをまとめたマップや、「楽しむ・学ぶ・会う・味わう」のおすすめ散策スポットの紹介、北九州が多くの漫画家を生み出した背景をまとめたコラムなどを掲載しています。マップは当館館長で、漫画家・童画家でもある畑たいむの描き下ろしです。簡単な組立式キットのため豆本を作る楽しさも味わえます。漫画ミュージアム常設展ショップのみでの限定販売で、ここでしか手に入りません。
 この機会にぜひ豆本マップを手に、漫画の街・北九州を散策してみませんか。新たな発見が見つかるかもしれません。

 

Information
【常設展観覧料】
 一般400(320)円
 中高生200(160)円
 小学生100(80)円
 ※( )内は30名以上の団体料金
 ※小学生未満無料

【開館時間】
 午前11時~午後7時
 (入館は午後6時30分まで)

【休館日】
 毎週火曜日
 年末年始12月31日~1月2日
 ※ただし12月25日(火)は開館

【お問合せ】
 北九州市漫画ミュージアム
 093(512)5077


◀ CulCul -かるかる-最新記事一覧に戻る
北九州市の芸術文化情報マガジン「CulCul・かるかる」最新号の記事はこちらから

ジャンル別施設情報

全施設一覧のPDFはこちら ▶

美術・ギャラリー

劇場・音楽ホール・市民会館

文学

漫画・映画

自然史・歴史・文化財等

その他 市内の施設

イベントカレンダー

2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2019年01月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

イベント検索

キーワード検索

ジャンル検索

エリア検索

施設名検索


ページのトップへ戻る