北九州市の文化芸術メディアサイト Culture & Cultivate CulCulかるかる

北九州市の文化芸術情報 CulCul

お問合わせはこちら▶

CulCul -かるかる-最新記事

~その鳥を捕まえれば、人は幸せになるという~ それぞれの人生が織り込まれた、15年目のハーモニー

2018年6月号

音楽

2018年5月31日

CulCul topic
北九州芸術劇場プロデュース/市民参加企画
合唱物語「わたしの青い鳥2018」
北九州芸術劇場
広報係 一田真澄

 

2017年公演より(撮影:梅本昌裕)

2017年公演より(撮影:梅本昌裕)

 

 2004年にスタートした市民参加による合唱公演、合唱物語「わたしの青い鳥」が、今年15周年を迎えます。例年、下は小学3年生から上は80歳を超える方まで幅広い世代の方々にご参加いただき、延べ参加人数は1185名。“今年も青い鳥の季節ですね”と楽しみにしてくださるリピーターの方、“新しいチャレンジを”と初めて参加される方、多くの市民の皆さんによって育まれ、今では劇場に初夏を告げるレパートリー企画として定着してきました。
 メーテルリンクの名作「青い鳥」は、貧しい木こりの家に生まれた兄妹・チルチルとミチルが、夢の中で光の精と一緒に幸せの青い鳥を探して旅に出る物語。思い出の国、未来の国―さまざまな場所で青い鳥を見つけては、見つけた途端に色が変わったり死んでしまったり…という物語から“人間にとって本当の幸せとは何か?”という普遍的なメッセージを問います。

 

2017年公演より(撮影:梅本昌裕)

2017年公演より(撮影:梅本昌裕)

 

 合唱物語「わたしの青い鳥」は、この物語を元にしたオリジナルの詞と楽曲を、市民の皆さんの合唱と、プロのアーティストとの競演でつづる舞台です。約1カ月半、全15回のワークショップを重ねながら参加者は皆、歌うことを通して物語に身を投じ、それぞれの人生や、幸せについて思いを巡らせます。
 また公演の特色の一つとして、合唱の合間に、舞台上の出演者や客席への生のインタビューがあります。「あなたが幸せを感じるとき」「お金があったらしたいこと」「大切な人との思い出」。フィクションの物語の中に、今を生きる人々のリアルな人生が織り込まれ、物語のより奥深くへと観客を誘(いざな)います。毎年参加される方の中には人生の定点観測のように、作品を歌うことを通して自分を見つめ、成長を実感することもあれば、失ったものに気付くこともあるそう。そんな、それぞれの人生と二人三脚で歩んできたこの企画。そこにはごまかしようのない“生の軌跡”があります。一曲、一節に、それぞれの想(おも)いを込めて、今年も5月11日からワークショップが始まりました。想いが一つになり、想像を超えるハーモニーが生まれた時、歌声はつばさとなり、私たちを物語の世界へと導きます。15年目の青い鳥、今年はどんな物語が幕を開けるのでしょうか?

 

ワークショップの様子。世代を超えて一つ一つの言葉の

ワークショップの様子。世代を超えて一つ一つの言葉の意味と向き合いながら、歌を奏でます

 

Information
北九州芸術劇場プロデュース/市民参加企画
合唱物語「わたしの青い鳥2018」

【日程】
 7月1日(日)午後3時開演

【会場】
 北九州芸術劇場 中劇場

【原作】
 メーテルリンク「青い鳥」

【作曲】
 長生淳

【作詞】
 能祖將夫

【出演】
 合唱/ワークショップを受けた市民の皆さん
 指揮/樋本英一
 ソプラノソロ/伊藤晴
 ピアノ/白石光隆
 ナレーション/能祖將夫

【料金】
 大人1500円
 子ども(3歳~中学生)1000円
 マタニティ割引1000円(要証明書提示)
 ※全席自由・2歳以下入場不可

【お問合せ】
 北九州芸術劇場
 093(562)2655

 


◀ CulCul -かるかる-最新記事一覧に戻る
北九州市の芸術文化情報マガジン「CulCul・かるかる」最新号の記事はこちらから

ジャンル別施設情報

全施設一覧のPDFはこちら ▶

美術・ギャラリー

劇場・音楽ホール・市民会館

文学

漫画・映画

自然史・歴史・文化財等

その他 市内の施設

イベントカレンダー

2018年08月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2018年09月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

イベント検索

キーワード検索

ジャンル検索

エリア検索

施設名検索


ページのトップへ戻る