北九州市の文化芸術メディアサイト Culture & Cultivate CulCulかるかる

北九州市の文化芸術情報 CulCul

お問合わせはこちら▶

CulCul -かるかる-最新記事

plaplax《石ころのカチナ》とイマジネイチャー

2018年4月号

美術・展示

2018年4月1日

美術hiroba
美術館へ行こう!
北九州市立美術館
学芸員 小松健一郎

 

 山梨県には「丸石神信仰」という、他の地域にはない独特の自然崇拝が見られるそうです。川の流れなどの自然の作用によってまん丸に削られた石を祭るもので、一つの石を台座に据えることもあれば、真球に近い大きな石を小さな丸石が取り囲むように支えていることもあります。その起源は縄文時代にまでさかのぼるともいわれますが、丸石を発見した古代の人々は、そこに神聖なものが宿っていると考え、神として祭ったのでしょう。
 丸石だけでなく、石が信仰の対象となったり、何らかの伝承と結び付けられたりすることは世界各地のいたるところに見られます。例えば、通常よりも巨大な石は神話上の怪力の持ち主が置いたものだとされたり、奇妙な形をした石は竜神が石になったものだと言い伝えられたりします。それらの多くは、大きさや形が変わっているとか、今にも落ちそうなのに絶妙なバランスを保っているなどの特徴を持っています。
 一方で、私たちは身の回りにある何の変哲もない石をきれいだと感じたり、愛着を感じたりすることもあります。それは、子どものときに、拾った石を自分だけの宝物のように引き出しの奥にしまっておいたような記憶と通じる感覚です。

 

図1 plaplax《石ころのカチナ》2011年 撮影:髙橋あい

図1 plaplax《石ころのカチナ》2011年 撮影:髙橋あい

 

 北九州市立美術館の所蔵作品《石ころのカチナ》(図1)は、自然物に何かが宿っているように感じる人間の普遍的な感覚と、身近な石ころを集めたり、それで遊んだりした個人的な思い出が結び付いたような作品です。この作品は、一見すると普通のテーブルの上に単なる石ころが置かれているだけのようですが、石にそっと手を触れると、動物のようでもあり、植物のようでもある不思議な影たちが姿を現します。これらのかわいらしいキャラクターを、この作品では「カチナ」と呼んでいます。「カチナ」とは本来、アメリカ・インディアンのホピ族が信仰している精霊のようなもので、人々に豊作や病気の治癒などを祈る儀式を教え、その生活を助けるといわれています。ここでは、石ころのような自然物に宿っている目に見えない存在を「カチナ」として表現しています。
 この作品を手掛けたのは、plaplax(プラプラックス)という4人組のアート・ユニットです。彼らは鑑賞者の動きなどに反応する体験型作品を得意としています。そこにはコンピューターやセンサー、プロジェクターなどさまざまな機器が用いられていますが、重要なのはそうした技術的な仕組みの部分ではなく、作品を体験させることで、自然に対してわたしたちが持っている心象にあらためて注目させようとしていることです。こうしたテーマを彼らは、「イマジン(想像)」と「ネイチャー(自然)」を組み合わせて「イマジネイチャー」と言い表しています。イマジネイチャーは、単に自然物を作品の素材とするだけでなく、そこにまつわる記憶や伝承、信仰などから形成される自然観を作品化する試みなのです。
 昨年末、《石ころのカチナ》を含む作品集『イマジネイチャー図譜』(図2)が刊行されました。ここで取り上げた「イシ」のほか、「モリ」「ミズ」「原風景のスケッチ」と題した全4章から成るこの作品集は、掲載作例も充実しており、近年のプラプラックスの活動を一望できる内容となっています。作品の展示だけでなく、こちらの作品集(800円)も美術館のミュージアム・ショップで取り扱っていますので、ぜひお手に取ってみてください。

 

図2 plaplax作品集『イマジネイチャー図譜』

図2 plaplax作品集『イマジネイチャー図譜』

 

 

Information
コレクション展Ⅰ
特集 色と形にみる音のはじまり

【会場】
 北九州市立美術館本館

【会期】
 4月14日(土)~7月29日(日)

【休館日】
 月曜(ただし祝日の場合は開館し、火曜が休館)、
 5月7日(月)~18日(金)は館内整理のため臨時休館

【開館時間】
 午前9時30分~午後5時30分
 (入館は午後5時まで)

【観覧料】
 一般150(120)円
 高大生100(80)円
 小中生50(40)円
 ※( )内は20名以上の団体料金
 ※ 障害者手帳、年長者施設利用証(北九州市交付のもの)を提示の方は無料

【お問合せ】
 093(882)7777


◀ CulCul -かるかる-最新記事一覧に戻る
北九州市の芸術文化情報マガジン「CulCul・かるかる」最新号の記事はこちらから

ジャンル別施設情報

全施設一覧のPDFはこちら ▶

美術・ギャラリー

劇場・音楽ホール・市民会館

文学

漫画・映画

自然史・歴史・文化財等

その他 市内の施設

イベントカレンダー

2018年05月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2018年06月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

イベント検索

キーワード検索

ジャンル検索

エリア検索

施設名検索


ページのトップへ戻る