左:野崎歓(11月23日講演) 右:町田康(11月25日出演)

文芸

| 文芸, 催事, 映像・その他 |

2017年 文学の秋、小倉ブックフェスはじまります。

2017.11月号

CulCulニュース

 今年3月にオープンした北九州文学サロンを拠点に、11月5日(日)から11月26日(日)まで小倉ブックフェスを開催します。文学と音楽、演劇などさまざまなアートをつなぐイベントを多数開催予定です。
 まず、5日(日)は小倉の本屋さんによるトークイベント「本屋のよもやま噺(ばなし)」。書店員さんの推し本を探ります。11日(土)は「睡稿(すいこう)、銀河鉄道の夜(作・演出:泊篤志)」。劇団・飛ぶ劇場が戯曲と原作小説を交互にリーディングし作品に迫ります。12日(日)、25日(土)、26日(日)は「昼下がりのミュージアムカフェ」。漫画ミュージアム、北九州市立美術館、いのちのたび博物館の学芸員による出張講座。18日(土)は北九州芸術劇場主催の朗読公演「よむ、記憶」。26日(日)は文学サロンに投句された俳句を対象に、北九州文学サロン俳句賞表彰式を行います。
 その他、14日(火)には北九州市立文学館(小倉北区城内4の1)にてベルリン森鷗外記念館キュレーターのベアーテ・ヴォンデさん講演会。23日(木・祝)にはコワーキングスペース秘密基地(小倉北区京町2の2の19 3F)にてフランス文学者・野崎歓の講演会「文学の国フランスへのお誘い」。

野崎歓(11月23日講演)

 

25日(土)には西小倉駅前の「LIVE SPOT WOW!」にて芥川賞作家・町田康のバンド「汝(なんじ)、我が民に非ズ」ライブとトーク「パンクロックと文学 言葉はどこから導き出されるか」。

町田康(11月25日出演)

 

19日(日)の小倉の街を探索し、制限時間内にミッションクリアを目指す「ミッションゲーム999」(北九州市立大学文学プロジェクト主催)、26日(日)の京町銀天街での京町町衆海衆秋まつりなど、同時開催イベントも盛りだくさん。詳細はホームページなどをご覧ください。
 ぜひ小倉で、ディープな文学体験を。



北九州文学サロン
小倉北区京町1の5の9 1F

開館時間 
午前11時~午後6時
(木曜のみ午後9時)

電話番号 
093(383)8610

http://www.city.kitakyushu.lg.jp/shimin/26501166.html

お問合せ 
北九州市文化企画課 
093(582)2391