ポスターデザイン

文芸

| 文芸, 松本清張記念館 |

開館20年の軌跡 〜終わりなき探求〜

2018.1月号

文芸hiroba
清張アラカルト 
北九州市立松本清張記念館
事務局 企画係主任 下澤聡

 

 松本清張記念館は平成30年8月に開館20周年を迎えます。これを記念して2月から「開館20年の軌跡 〜終わりなき探求〜」と題した展示を行います。開館前後から現在にいたるまでのあゆみや出来事をたどり、当館の取り組みやその実績を年表やパネル等で紹介する展示を通して、この20年を皆さまとともに振り返っていければと思います。

ポスターデザイン


 当館がオリジナルで企画・開催し、毎回テーマに沿って清張自身や作品を掘り下げて紹介してきた企画展も、既に30回を超えました。これらの企画展は、当館の調査研究の成果を発表する場であり、その過程では新たな資料が見つかることもありました。作家松本清張がそうであったように、これらの企画展も地元から海外まで、そして古代から近現代までと幅広い空間や時代をテーマに取り上げてきました。過去の全企画展をジャンルごとに分け、それぞれの概要をまとめたコーナーは、一堂に掲示された企画展ポスターと併せて大変迫力のある展示になっております。
 また当館は開館以来、全国における松本清張研究の中核としての機能も担ってきました。かつて清張研究は文学界における未開の地でしたが、当館は研究誌『松本清張研究』の発行を通じて、第一線で活躍する研究者や作家といった執筆者の方々と協力しながら、新たな地層を開拓し続けています。また、松本清張夫人からの寄付により設立された「研究奨励事業」は、新たな研究分野や研究者を発掘し続けており、そこから数々の成果や人材を生み出してきました。こうした地道な活動も20年を迎えますが、普段はなかなか一般の方々に知っていただける機会も多くないと思いますので、今回の展示で分かりやすく紹介しております。
 そして清張ファンを対象に多彩な事業を展開し、広く交流・学び・楽しむ「松本清張記念館友の会」や、全国の研究者が研鑽(けんさん)・発信し合う場として組織された「松本清張研究会」といった関連団体の取り組みについても、それぞれパネルにまとめて展示いたします。
 さらに今回は、清張作品や当館とゆかりのある俳優や作家といった著名人の方々から、開館20周年を祝福し、そしてこれからの未来に向けたメッセージをたくさん寄せていただきました。それぞれの熱い想(おも)いが込められたこれらのメッセージは、会場中央で盛大にご紹介いたします。
 その他にも会場には、好きな清張作品に投票していただいたり、当館オリジナル映像を上映したりといった、来館者の皆さまにお楽しみいただけるようなコーナーもご用意しております。なかなか誌面だけではお伝えしきれませんので、ぜひ実際にご覧になっていただければと思います。
 来年には平成も終わり、新たな時代を迎えます。今年は読者の皆さまにとっても、来し方を振り返り行く末を望むことが多い年になるのではないでしょうか。その一つとして、当館にも足を運んでいただけると幸いです。



Information
開館20周年記念プレ事業
開館20年の軌跡 〜終わりなき探求〜(展示)

【開催期間】
 2月1日(木)〜3月31日(土)

【開館時間】
 午前9時30分〜午後6時
 (入館は午後5時30分まで)

【会場】
 北九州市立松本清張記念館地階企画展示室

【入場料】
 本展示のみ観覧の場合は無料
 常設展示観覧料 
 一般500円 
 中高生300円
 小学生200円

【お問合せ】
 北九州市立松本清張記念館
 北九州市小倉北区城内2の3
 093(582)2761