チェコ・フィルハーモニー管弦楽団

音楽

| 音楽, 催事, コンサート, 音楽 |

2017北九州国際音楽祭

2017.8月号

CulCul特集

 市制25周年を記念して始まりました北九州国際音楽祭は、今年で第30回の記念の年を迎えました。市民の皆さまに支えていただき、現在では本市の秋を彩る音楽の祭典として定着してまいりました。

 今年の音楽祭は、ソリストにチェロのジャン=ギアン・ケラスを迎え、ペトル・アルトリヒテル指揮、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団によるコンサートを皮切りに、合わせて10公演の有料コンサートを実施いたします。
 ジャンルも多彩で、ピアノ、雅楽、英国式ブラス、管楽器の室内楽、弦楽アンサンブル、絵画と音楽のコラボレーション企画、古楽器による弦楽アンサンブルなど、30回の記念年に相応(ふさわ)しく華やかなラインナップになりました。夏休みには、幅広い方々に参加していただける入場無料の企画も実施いたします。
 いくつかのコンサートをご紹介します。

ペトル・アルトリヒテル[指揮] チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 ジャン=ギアン・ケラス[チェロ]
(10月7日(土)午後3時開演/北九州ソレイユホール)
 
オープニングには、東欧随一の名門、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団が登場。プログラムは、チェコを代表する作曲家ドヴォルジャークの名曲、序曲「謝肉祭」、チェロ協奏曲、交響曲「新世界より」です。チェコ・フィルの最初の公演(1896年)は、なんとドヴォルジャークが指揮しています。その後も同楽団は、チェコ文化を象徴する存在であり、世界中の聴衆に愛されています。また「新世界より」は、誰もが耳にしたことのある名曲です。チェコの魂がこもった熱演に喝采が聞こえてきそうです。

左 ジャン=ギアン・ケラス ⒸMarco Borggreve
右 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団


第30回記念「ガラ・コンサート」(3時間公演)
(11月26日(日)午後3時開演/響ホール)
 記念年を締めくくるのは「ガラ・コンサート」です。ソリストに、本市出身で本音楽祭とも縁の深いヴァイオリンの南紫音、若手実力派バンドネオンの三浦一馬、日本を代表する名ピアニスト清水和音が華やかに登場します。皆さん、デビュー当時から各ジャンルをリードする注目度の高い演奏家です。

左 南紫音 ⒸShuichi Tsunoda
中央 三浦一馬 Ⓒ井村重人
右 清水和音 ⒸMana Miki


 彼らと協演するのは、本音楽祭でしか聴けないマイスター・アールト×ライジングスターオーケストラ(35名)。本市出身でNHK交響楽団第1コンサートマスターの篠崎史紀がこのオーケストラを牽引(けんいん)します。また東京都交響楽団第2ヴァイオリン首席奏者の双紙正哉、同楽団ファゴット首席奏者の長哲也、国立音楽大学講師の田中香織ほか本市出身で全国的に活躍する演奏家も、このオーケストラのメンバーとして参集します。演奏曲目も多彩で、一度のコンサートでいろいろな楽しみが詰まったプログラムとなりました。

左 篠崎史紀 Ⓒ三浦興一
右 マイスター・アールト×ライジングスターオーケストラ
  イメージ写真



 また、12月23日(土・祝)には特別プログラムとして本市ゆかりの若い演奏家に焦点をあてたコンサートを行います。会場で未来を担う若手にぜひエールをいただけますと幸いです。
 チケットは現在発売中です。皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

※チェコ・フィルの公演は、当初予定しておりました首席指揮者のビエロフラーヴェク氏の逝去に伴い、ペトル・アルトリヒテル氏に変更して行います。



Information
【チケット料金】
 ペトル・アルトリヒテル[指揮] チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 ジャン=ギアン・ケラス[チェロ]
 SS席12000円 
 S席10000円 
 A席7000円  
 B席5000円 
 U-25(A&B席)2000円

第30回記念「ガラ・コンサート」
 S席6000円 
 A席4000円 
 U-25(A席)2000円

【お問合せ】
 北九州国際音楽祭実行委員会事務局
    093(663)6567
 (午前9時〜午後5時/土日祝休)
 http://www.kimfes.com
 ホームページからチケット購入できます