音楽

| 音楽, 郷土ゆかりの文化人, コラム, 音楽家 |

かさま音楽アカデミー

2017.6月号

いろはにぴあの 永野栄子  

 今では、日本各地でも音楽セミナーが開かれるようになりました。今回は《第13回茨城国際音楽アカデミーinかさま》に行きました。浜松アカデミーとはまた違った雰囲気で、コンクールと一体になっている浜松が少しピリッとした空気感なのに対して、茨城は会場も山奥で自然に囲まれ、とてものどかで、和気あいあいとしています。受講者のほとんどが音楽高校・大学の学生ですが、10歳から参加可能。5回の実技レッスン、音楽史などの講義。内容も気概のある小学生ならば十分やっていけそうです。なんだか私、セミナーの営業担当みたいですね。今回、大変感銘を受けたレッスンがありました。その先生のレッスンは、「演奏の問題点を改善していく」という、いわゆる通常のレッスンスタイルとは異なり、9割がお話です。このお話が面白い、面白い。教養の深さ・広さあってこそのもので、時のたつのを忘れてしまいます。学生の演奏にも「良いですね。質問は?」のみ。実力のある学生さんのレッスンで、「こんなのどうですか」とおもむろに先生が弾いた演奏はたった数秒ほどでしたが、圧倒的な個性で、学生さんの存在を消し去ってしまったほどです。 
 こんな先生になってみたい!と新たな目標を見つけた私です。