北九州市の文化芸術メディアサイト Culture & Cultivate CulCulかるかる

北九州市の文化芸術情報 CulCul

お問合わせはこちら▶

CulCul -かるかる-最新記事

奇想の浮世絵師 歌川国芳 魅惑の演出スペクタクル

2021年1・2月号

美術・展示

2020年12月25日

美術hiroba
美術館へ行こう!
北九州市立美術館 
学芸員 河村朱音

 幕末期に活躍した浮世絵師歌川国芳(1797~1861年)。北斎や広重に代表される数多くの浮世絵師のなかでも、斬新な構図と機知に富んだ発想力でひときわ異彩を放ち、「奇想の絵師」として知られています。
 国芳が手掛けた題材は、武者絵、役者絵、美人画、風景画はもとより、戯画や子どもを描いたものまで多岐にわたり、浮世絵のジャンルを幅広く横断するものです。さらには、物語の場面をダイナミックに表現する(図1)一方で、機知とユーモアにあふれた構図(図2)も得意とし、題材に合わせて変幻自在に演出を変えるのも国芳の魅力です。自由な発想と、大げさなほどの数々の演出によって物語の世界をリアルに具現化してきた国芳は、さまざまな新機軸を打ち出しました。

図1 《讃岐院眷属をして為朝をすくふ図》1851(嘉永4)年

図1 《讃岐院眷属をして為朝をすくふ図》1851(嘉永4)年


図2 《朝比奈小人嶋遊》1847~52(弘化4~嘉永5)年頃

図2 《朝比奈小人嶋遊》1847~52(弘化4~嘉永5)年頃

 ところで、国芳はなぜこのように多様な演出に取り組んだのでしょうか。その要因の一つに、国芳が最も活躍した頃、天保の改革による綱紀粛正から庶民の生活に多くの制約が課せられ、錦絵もたびたび発売禁止や絶版となっていたことがあります。国芳も例外ではなく、幾度となく規制を受けますが、持ち前の反骨精神と好奇心から、先人や同時代の作品、西洋の絵画を研究し、取り入れた技法にアレンジを加え風刺を忍ばせながら作品を生み出していきました。規制があったからこそ、国芳の「奇想」による筆が進んだといえるでしょう。そしてまた、浮世絵師の本分である大衆を楽しませる要素もしっかり盛り込んだ、パズルのように人を組み合わせた作品(図3)や、猫好きの国芳らしい遊び心満載の作品(図4)も手掛けました。

図3 《みかけハこハゐがとんだいゝ人だ》1847(弘化4)年頃

図3 《みかけハこハゐがとんだいゝ人だ》1847(弘化4)年頃


図4 《猫の当字 ふぐ》1841~43年(天保末)頃

図4 《猫の当字 ふぐ》1841~43年(天保末)頃

 本展では、「武者絵の国芳」として出世作となった「水滸伝」シリーズ(図5)をはじめ、大判3枚続きの大胆な構図による妖怪退治や歴史画、身近な動物を擬人化しユーモアたっぷりに世相を風刺した戯画のほか、洋風の風景画、貴重な肉筆画など約150点を展示します。派手な色彩と鬼気迫る描写で迫力満点なものから、謎解き後に思わず笑みを誘うものまで、国芳の魅惑の演出の数々をお楽しみください。

図5 《通俗水滸伝豪傑百八人之壱人 浪裡白跳張順》1828~29(文政11~12)年頃

図5 《通俗水滸伝豪傑百八人之壱人 浪裡白跳張順》1828~29(文政11~12)年頃

【会場】
 北九州市立美術館本館
【会期】
 1月5日(火)~2月28日(日)
【休館日】
 月曜日(ただし月曜日が祝日の場合は開館し、翌火曜日が休館)
【開館時間】
 午前9時30分~午後5時30分(入館は午後5時まで)
【観覧料】
 一般1200(1000)円 
 高大生800(600)円 
 小中生600(400)円
 ※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金
 なお障害者手帳を提示の方は無料
 北九州市在住の65歳以上の方は2割減免
 (公的機関発行の証明書等の提示が必要)
【お問合せ】
 093(882)7777


◀ CulCul -かるかる-最新記事一覧に戻る
北九州市の芸術文化情報マガジン「CulCul・かるかる」最新号の記事はこちらから

ジャンル別施設情報

全施設一覧のPDFはこちら ▶

美術・ギャラリー

劇場・音楽ホール・市民会館

文学

漫画・映画

自然史・歴史・文化財等

その他 市内の施設

イベントカレンダー

2021年05月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2021年06月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

イベント検索

キーワード検索

ジャンル検索

エリア検索

施設名検索


ページのトップへ戻る